ブログ

知育・療育おもちゃもあります!

こんにちは!
気温が下がり、一気に冷え込みはじめましたね。
10月中旬から、私の自宅では早々に暖房を入れて過ごしております。
気温差で体調が崩しやすくなりますので、皆様お気を付けください。

さて、よつばでは知育・療育おもちゃを取り揃えております。


※ご参照:ごーや/手作り知育・療育おもちゃクリエイター

主に未就学児のお子様に対し、認知力向上のためトレーニングに取り入れ、発達を促して取り組むことがあります。一見、ことばとは関係のないように思いますが、認知発達は言語発達を支えており、言葉を理解していくために必要な力です。認知発達と言語発達が深く結びついているため、こうするとこうなる、ああするとああなるという、原因・結果、手段と目的が分かり、そのようなことが理解できるということが言葉発達にとって重要な基礎になります。
たとえば、カラーボールを同じ大きさ・形・向きに合った容器の入り口にポトンと落とします。すると容器の中にボールが落ちます。その落ちたボールを取って、またポトンと穴から落とす。それは、同じ大きさ・形・向きが違うと入らず、同じところに入れないと入らないことが分かり、「ここから入れると入るんだ」と、そのような原因と結果が分かっていく過程の理解というのがとても重要です。

これらの知育・療育おもちゃから

・模倣
・マッチング
・色の識別
・注意、集中力
・目と手の協応
・手先の動きや力加減・調節 など

まだまだありますが、記載したものだけでも様々な効果が期待できます。(おもちゃによって認知能力は異なります)

そのようなことから知育・療育おもちゃを使用し、認知機能を高めて言語発達に繋がるよう支援しております。
知育・療育おもちゃを調べると手作りでできるものがたくさんあるので(100均で作れるものもあります!)、おうちでもぜひ作って活用してみてくださいね!

言語聴覚士 西本

PAGE TOP