ブログ

絵カードの選び方について

皆さんこんにちは!
よつばの言語聴覚士 中野伸也です。

よつばを開設してから、最初の冬がやってきました。
日々寒さが増しておりますが、よつばの子どもたちは皆元気よく通ってくれています。
スタッフ一同も、負けずに元気でいようと思います。

さて、今回は、意思伝達手段として活用する絵カードについてお伝えできればと思います。

コミュニケーションツールとして使用するものであれば
出来るだけ具体的な写真を使用したタイプが望ましいと言われています。
しかし、写真タイプは『写っているそのもの』にイメージが限定されてしまいやすいです。
そのため、『そのもの』である写真よりは
『モノ』の特徴をよく掴んでいる抽象的な絵の方が、色々な場面で活用しやすい場合があります。

例えば、よつばのトイレを撮影した『写真タイプ』では、よつばのトイレのみを示していますが
下の『絵タイプ』であれば、どこのトイレのことも指すことができます。

目的やお子さまの特性によっても絵カードの選び方は変わってきますので
コミュニケーションツールでお悩みの際は是非、よつばの言語聴覚士にご相談ください。

PAGE TOP